育毛剤通販

男性におすすめの薬用育毛剤

ヘアケア成分「リデンシル」を高濃度5%配合です。成分が毛細胞を活性化し発毛を促進。男性用&薬用育毛剤
 ↓男性育毛成分で選ぶならこちら↓

育毛成分高配合。ポイントは「リデンシル」です。リデンシルが高い評価を得ている理由の一つは新しい細胞を生み出すという従来の育毛成分とは違うアプローチができるという点です。

リデンシルの主な成分は
・EGCG2・DHQG(重要成分) → 育毛に作用
・塩化亜鉛 → 毛幹を強化する働き
・グリシン → たんぱく質の主要構成物質

女性におすすめの薬用育毛剤

女性にやさしい12種類の和漢植物エキスを配合 。漢方の権威「長春中医学院」との共同開発。女性用&薬用育毛剤
 ↓女性育毛成分で選ぶならこちら↓

育毛剤の選び方

育毛剤をいろいろな会社が商品化しており、どんなものを選んだら良いか悩んでしまいます。育毛剤のランキング情報が掲載されているサイトも多々あります。ランキングの上のほうに入っている商品であれば、絶対に育毛の効果が得られるとは言えないのは、育毛剤の有効性には個人差があるからです。

頭皮の状態や抜け毛の原因は、人それぞれ異なるため、たとえランキングの上位にランクしている育毛剤であっても、万人向けの育毛剤だとは言えません。育毛に関係する商品は宣伝が多少誇大になることがあります。

自分にとって本当に良い育毛剤選ぶためにも、自分の髪の毛と頭皮がどんな状態かを理解しておきましょう。

血液の流れを良くする育毛剤を利用するだけでは、毛根に問題があるときには発毛に効果が無い場合もあるといいます。自分の知識で判断するだけでは、何が原因で薄毛になっているかを特定するのは厳しいでしょう。

育毛剤の種類

頭髪で悩んでいる人にとって育毛剤は助けとなるのでしょうか?

髪が増えたように見せる方法としては、カツラの使用や増毛剤による増毛、育毛剤を利用することなどさまざまです。人気商品だからといって、自身にとって育毛効果がある育毛剤だとはいえません。

育毛剤は、薄毛の要因に合った育毛剤を選択するこよってもっとその効果をアップすることが可能です。

男性の場合、毛の再生を阻害する男性ホルモンの働きを弱めるため、男性ホルモンを抑制する成分を配合した育毛剤があります。

育毛剤の中でも血行を促す成分を配合したものは、発毛に不可欠な栄養を頭皮の血行を促進することで毛根に行き渡るようにします。

過剰な皮脂を取り除く成分を使った育毛剤もあります・

飲む育毛剤とは

頭皮につける育毛剤だけでなく、育毛成分を摂取することで育毛効果を得ようとする飲む育毛剤が注目されています。

近年では、精神的なストレスで発症した円形脱毛症などに対しても、飲む育毛剤が用いられています。

オーソドックスなタイプの育毛剤とは、髪や毛根に育毛効果のある物質をつけるものです。毛穴から浸透させる方法だと、あまり吸収せず、効果はほとんど見られないと言うこともあります。

体に取りいれたい栄養成分を吸収することができることが、飲むタイプの利点です。頭髪の変化も実感しやすいとされています。

忙しい時でも、育毛ケアのためには髪を洗い、育毛剤をつけねばなりません。医薬品やサプリメントのように持ち運びに便利で飲みさえすればいいのが、飲む育毛剤のよいところです。

塗るタイプの育毛剤は、においなどがあります。飲むタイプの育毛剤には独特ににおいと言うものはありません。飲むタイプの育毛剤がすごく良いように思えるかもしれませんが、即効性や効果が高い分、副作用などもあるといわれています。

自分が使う育毛剤の特性や、副作用の表れ方を事前に知っておくことで、飲む育毛剤も戸惑わずに選択することができるでしょう。

飲む育毛剤の成分

フィナスティリドという成分が飲む育毛剤に用いられています。この成分を摂取することでどんな作用があるものなのでしょう。フィナステリドは育毛剤によく利用されている、抗アンドロゲンという成分です。

抜け毛の要因と見なされている男性ホルモンの働きを抑制するために、ホルモンの分泌を減らす成分を用います。

飲むタイプの育毛剤に利用されている成分にはミノキシジルもあります。ミノキシジルは血管拡張剤の一種で、毛細血管を拡張することによって、身体中の血流を促進してくれます。

新しい髪を作っている毛根部の細胞にまで酸素や栄養が行き渡るためには、血の流れを良くすることで酸素や栄養を届けやすくする必要があります。

どの育毛剤を選ぶかは、自分の肌質や髪質を踏まえた上で、効果が高いだろうと思われるものを選びます。

飲む育毛剤の副作用

副作用が起きづらく、育毛効果が服用後すぐに実感できるような飲む育毛剤を求める人が大勢います。しかし、ホルモンの分泌を促進し、血管拡張作用のある成分などを摂取することから、副作用リスクは存在しています。

飲む育毛剤であるフィナステリドの摂取は、胃や頭の痛みや、性欲が落ちるなどの副作用があります。注意したいのが、妊娠中の女性です。

育毛剤に用いられるミノキシジルは、使用者の体質によってはめまいやほてり、多毛症等の症状が出てしまうことがあります。

育毛剤の効果が無い時には

たくさんの種類の育毛剤が販売されており、薄毛で困っている人は大勢いることがうかがえます。

最近よく耳にするのが、頭髪が再生した、毛が増えてきたという話で、発毛や育毛の技術そのものが開発されつつあるといえるでしょう。

育毛剤の商品によっては、効果が出るまで長い期間がかかるものもあります。育毛剤がきちんと効いているかどうかは、短期間の使用だけで判断することは難しです。

効果が数週間で出ないと、育毛剤の効果がなかったと思う人が多いようです。、頭皮のほうにトラブルを抱えている場合には、増毛するのは難しい場合もあります。特に毛根が弱っていると発毛力自体が低下しているため、高い育毛剤でも効果は半減してしまいます。

また発毛に栄養不足が関係していることがあるようです。育毛にとって、食事の偏りは良くありません。日々の生活や食事を規則正しくするのも大切です。

男性用育毛剤おすすめ

薬用育毛剤。人気のため予約ということもあります。男性の育毛成分で選ぶならコチラ
高濃度リデンシル配合!薬用育毛剤『プランテルEX』

女性用育毛剤おすすめ

女性用薬用育毛剤。女性の育毛成分で選ぶならコチラ
【女性のための】サロン発薬用育毛剤

HOME