女性用育毛剤

女性用の育毛剤とは

女性用の育毛剤が最近話題になっているようです。

女性用の育毛剤とはいったいどのようなものなのでしょうか。

薄毛の悩みは男性の専売特許というイメージがありますが、女性でも薄毛に頭を悩ませている人は少なくありません。

一部分の毛が集中的に抜けるのが男性の脱毛ですが、女性の脱毛は場所を特定せず、広く少しずつ減っていきます。

髪のかさが減り、頭皮が見えるようになる女性は少なくありません。

女性の場合、年齢の影響で髪が減少します。

女性の薄毛や抜け毛は男性とはメカニズムが異なりますので、育毛剤も女性用のものが必要です。

健康的な食事や生活習慣を実践することで、髪の健康を取りもどすことができることが、女性の抜け毛ケアの大事なところです。

中高年ほどしっかり対策をすれば薄毛が改善しやすいといわれていますので、あきらめないことが重要です。

ミノキシジルは、女性用育毛剤の中でも特に高い効果が期待できると言われているものです。日本以外の国でも、ミノキシジルの育毛剤は多くの人に支持されています。

新たな毛を生やすだけでなく、現在の頭髪が抜けないようにする作用がミノキシジルにはあるようです。

最近は、様々な育毛剤が店頭を賑わせています。女性用の育毛剤ならば、女性が使うことを最初から想定してつくられていますので、安心です。

女性の薄毛と育毛剤活用法

女性用の育毛剤についてです。薄毛に悩む女性が増加し、さまざまな育毛剤が販売されています。

女性の薄毛は、女性型脱毛症という頭髪が全体的に薄くなる症状です。

若い頃は髪の量が多くても、年を重ねる毎に髪は減っていきます。どういった仕組みで髪は減るのでしょうか。

年を取ると発毛が鈍くなる理由は、毛穴に皮脂が目づまりしやすくなるからだといいます。

加齢によって皮脂の分泌量が増えるためです。

頭皮の肌トラブルなどで、地肌の血流が悪くなると毛の再生に必要な栄養が毛根にまで届かなくなり、新しい毛が生えにくくなるといいます。

体重を減らすためにと食事を減らしている場合、新しい髪を作るための栄養が足りなくなることがあります。

ストレスが薄毛の要因になることもあるようです。

女性の薄毛は、女性用育毛剤の使用と併行して、生活リズムの乱れや、食事内容の改善によって解消されることがあると言われています。

女性用育毛剤を販売するメーカーも増加しており、どの商品が育毛効果が高いかわからないという方も少なくありません。

育毛剤選びに、口コミ情報やネットの情報サイトを使うのもいいかもしれません。

女性用育毛剤を利用する場合、まずは一つの商品をしばらく使い続けることが重要になります。

間をおかずに色々な商品に手を出しても、どの女性用育毛剤の効果が上がったのかを確認することができないためです。

若い女性でも、薄毛や脱毛に悩む人が多い

女性用育毛剤を利用する若い女性が最近は増えているようです。

若い女性でも、薄毛や脱毛に悩む人が多くなってきているのです。

パーマやカラーリングで髪のダメージが蓄積していると、若い女性でも育毛剤が必要な状況になるようです。

ストレス過多な生活を送る人が多いことも、薄毛の問題に拍車をかけています。

豊かな髪を維持するために必要なはずの栄養が、ダイエットのためにカロリー制限で滞ることがあります。

卵巣機能が十分に働いてないために、薄毛になることもあります。

生理不順と薄毛の問題を同時に抱えている人は、婦人科の診断を仰ぐ必要があるかもしれません。

若い女性に育毛剤は必要ないと思う人もいるかもしれませんが、将来のために予防することも必要です。

カラーリングやパーマで頭皮がダメージをおっている場合も十分考えられます。

頭皮が健康な状態でないと、加齢による薄毛が加速してしまいます。女性用育毛剤は、生来的に髪が減らないように頭皮を整える効果もあります。

今後、薄毛の悩みが深刻になってからでも女性用育毛剤は間に合うと楽観視している人もいます。

しかし、髪が減ってから女性用育毛剤を使うのではなく、早くから使った方が効果は発揮されます。

女性用育毛剤を使うなら、若いうちから利用しておいた方が、将来にわたって髪で悩むこともなくなるでしょう。

女性の薄毛・抜け毛

薄毛で悩んでいるのは男性ばかりではありません。

多くの女性が髪で悩み、また悩みを持つ人は増加傾向にあるといいます。

女性の場合、薄毛・抜け毛の種類はどのようなものがあるのでしょうか。

●びまん性脱毛症
女性特有の脱毛症で、頭部全体の髪の毛が薄くなります。
特に中年以降の女性に多く見られる症状です。
髪の毛の分け目や頭頂部から頭皮が透けて見えるようになります。
男性型脱毛症は、生え際や頭頂部から始まり、その境界線が割とはっきりしていますが、このびまん性脱毛症は全体的に薄くなってくるというのが違うところです。

●分娩後脱毛症
出産後にしばらく、抜け毛が多くなったり髪の毛が薄くなったりします。
妊婦や出産後の女性に見られる症状です。
薄毛・抜け毛は産後赤ちゃんの授乳が終わる半年後くらいには回復するといわれています。

●牽引性脱毛症
牽引とは引っ張るという意味です。
髪の毛は通常引っ張ったくらいでは抜けませんが、一定以上の強い力によって長時間引っ張り続けると、引っ張られた部分が薄くなることがあります。
もし、症状に気付いたときは、髪に負担をかけない髪型にすることでたいていは自然に治ります。

●抜毛症
学童期の子どもに見られる症状で、ストレスなどが原因で寝ている間などに無意識に自分で髪の毛を抜いてしまいます。
痛みはないので、よく円形脱毛症と間違えられる症状です。
女性で髪の毛に悩みをもつ人は少なくありません。薄毛、抜け毛を防いで発毛しやすい頭皮環境を作りましょう。

女性の薄毛原因

女性の薄毛の主な原因は、男性ホルモンの影響によるもの、生活環境によるもの、髪の成長周期によるものがあげられます。

女性の抜け毛も男性型脱毛症と同様に男性ホルモンの影響を受けるものがあります。

しかし、男性と女性では症状に違いがあります。

女性の場合は主に頭頂部に薄毛の症状がみられ、女性型脱毛症といわれます。

生活環境などが変わり、髪の成長周期が乱れることによって起きる脱毛を休止期脱毛といいます。

髪の毛は普通、成長期、退行期、休止期を経て抜けるものですが、この休止期の抜け毛の量が通常より多い状態が休止期脱毛です。

その典型的な例は分娩後脱毛症です。

産後、集中して抜け毛が多くなり、髪の密度が低下し、地肌が透けて見えるほどになります。

これは妊娠中のホルモンバランスの変化の影響で抜けなかった髪の毛が、産後にホルモンバランスを回復することで一気に抜け落ちるのが原因です。

ホルモンバランスが正常に戻っただけなので産後半年程度で自然に元に戻ります。

気をつけなくてはいけないのは過度のダイエットによる脱毛症です。

鉄分、亜鉛が足りなくなると欠乏症になり抜け毛や薄毛が増えたりします。

髪の毛に必要な栄養素も補給できない状態になります。

睡眠不足や喫煙など、身体によくないことは髪にもよくないことです。

環境によるものは、季節の影響や気温、湿度などの影響です。

頭皮は肌と同様に乾燥に弱いものです。

秋から冬にかけての季節は乾燥する期間なので、しっかりと保湿するなど対処しましょう。

頭皮をいつも清潔に保ち発毛しやすい頭皮環境をつくりましょう。

男性用育毛剤おすすめ

薬用育毛剤。人気のため予約ということもあります。男性の育毛成分で選ぶならコチラ
高濃度リデンシル配合!薬用育毛剤『プランテルEX』

女性用育毛剤おすすめ

女性用薬用育毛剤。女性の育毛成分で選ぶならコチラ
【女性のための】サロン発薬用育毛剤

HOME