ミノキシジルとは

ミノキシジルは、フィナステリドとともに男性型脱毛症に効果的な治療薬と言われている血管拡張剤です。

世界で初めてアメリカ食品医薬品局(FDA)に認可された薬であり、その効果の確実性は世界中に浸透しています。

日本では「リアップ」が販売されています。

ミノキシジルは、アメリカで血管拡張効果のある高血圧治療剤として、1960年代に開発されました。

その後「脱毛症」を回復させる効果が発見されました。

そして、1980年代に頭皮脱毛症の治療薬として使用されはじめました。 

本来は高血圧の経口薬として用いられてました。

しかし、副作用で全身の多毛症を引き起こすことがわかり、頭皮に対しての外用薬として臨床試験が実施され、「脱毛症」に有効だと発表されました。

ミノキシジルタブレット

ミノキシジルタブレットは、リアップや、ロゲインのような塗布タイプのミノキシジル含有薬ではなく、飲むタイプ(服用タイプ)のミノキシジル含有薬です。

塗布タイプと違い、頭頂部だけでなく、M字部分や生え際といった「前頭部」にも、発毛効果があると言われています。

また飲むタイプ(服用タイプ)のミノキシジル含有薬は、塗布タイプとは比較にならない程、効果があるともを発揮するようです。

頭頂部のみならず、 生え際部分にも発毛効果があると言われています。

人によっては、服用は危険な場合がありますので、医師とよく相談する必要があります。

ミノキシジル副作用

外用薬の場合は、頭皮のかゆみが見られる場合もあります。

ミノキシジルが溶解されている液体「基剤成分」に対するアレルギーが見られる場合もあります。

また、もともと血圧の降下薬のため、低血圧や動悸などの循環器症状が、起こることもあります。

ミノキシジルは肝臓で代謝されて、尿(腎臓)より排泄されるため、腎機能障害(人工透析中の方を含む)、肝機能障害のある方には、慎重投与となります。

ミノキシジル内服については、ミノキシジルの血中濃度が一定に保たれるからという理由で、

朝晩の二回回という方が多いようですが、外用タイプより副作用が気になるのと、その人の身体の状態によって変わってくるので、服用の際はドクターに相談するようにしましょう。

通常の病院での取り扱いはないことが多いです。

しかし仮に取り扱いのある病院やクリニックで処方してもらう場合でも、認可されていない薬なので自己責任で服用する旨の誓約書へ署名を求められる場合があります。

それほどの危険な薬だということを認識する必要があります。

男性用育毛剤おすすめ

薬用育毛剤。人気のため予約ということもあります。男性の育毛成分で選ぶならコチラ
高濃度リデンシル配合!薬用育毛剤『プランテルEX』

女性用育毛剤おすすめ

女性用薬用育毛剤。女性の育毛成分で選ぶならコチラ
【女性のための】サロン発薬用育毛剤

HOME